Rayのピアノ&バイオリン

2001年生まれのRay Ushikuboのピアノ&バイオリン成長日記です。

カテゴリ: コンサート

2020年3月20日(金)、21日(土)に予定されていたニューヨーク州でのBuffalo Philharmonicのコンサートが中止になりました。

ニューヨーク州では非常事態宣言が出ていたのですが、バッファローはマンハッタンからは遠く、ナイアガラの滝のある小さな街。なので21日に無観客でライブストリームでコンサートを行う予定だったのです。しかし、今日になりバッファローの地元で非常事態宣言が出され、ライブストリームのコンサートも中止となってしまいました。
Screen Shot 2020-03-15 at 11.05.24 AM
とても残念ですが、こればかりは仕方がない。こんな時は練習あるのみ。じっくりと家で練習に励んでもらいましょう。

WHOがパンデミックと表明し、トランプ大統領が国家非常事態宣言を出した途端、近所のスーパーからトイレットペーパー、ペーパータオル、缶詰、パスタ、冷凍食品等々がごっそり姿を消しました。ご近所さんが一斉に買い物をすると、こんなことになってしまうんだ!とびっくりです。

家に居るしかないこの機会に、家の中で出来ることをやってみようと思います。掃除、掃除、掃除。。。 

よし!大掃除をしよう。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

2020年2月8日(土)、ニューヨーク州のカーネギーホールでカーティスオーケストラのコンサートがありました。
IMG_2406
カーネギーホールへ行ったのは10年ぶり!以前演奏したのはRayが9歳の時でした。
 

ツアーの締めくくりのコンサートの為、カーティスが親達関係者をカーネギーホール内にあるShorin and Rohatyn roomというボールルームでのディナーに招待してくれました。
IMG_2407
ディナー会場で他の親達と楽しくおしゃべり。その後コンサートがスターン・オーディトリウムでありました。

演目は現代曲、カーティスのピアノの先生ジョナサン・ビス氏がソリストでベートーベン協奏曲5番、そしてシベリウス交響曲2番でした。 
IMG_2430
84505280_10157873121229210_3285142226111299584_o
コンサート後はすぐにカーネギーホールを出て、車で1時間くらいのパーチェス市に向かいました。

2020年2月9日(日)、ニューヨーク州パーチェスのThe Performing Arts CenterにてWestchester Philharmonicと共演しました。

IMG_2483
9日11時半からリハーサルがあり、3時からコンサート本番でした。演目はバーンスタイン氏のウェストサイドストーリー、ジョン・ウィリアムズ氏の映画音楽、オペラ歌手によるスティーヴィー・ワンダー氏の曲があったりと、ノリノリの楽しいコンサートでした。Rayのウェストサイドストーリーはコンサートの最後。すでにノリノリのお客さんなので、とっても楽しんで頂けました。
IMG_2494
今回カデンツァをRay自身が作曲して、演奏後に沢山のお客さんから『特にカデンツァが良かった!』と言って頂けて、とても喜んでいました。
IMG_2497
2日間目一杯詰め込んだ日程でしたが、Rayのリハーサル時間に、私たち親はマンハッタンでメトロポリタン美術館にも行けて思いっきり楽しんできました。
IMG_2076
家族3人で束の間の観光。High Lineを少し歩いてVesselを観て来ました。登る時間は無し!
IMG_2007
 なんとも楽しい旅行でした。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














2019年12月31日(火)、ノースキャロライナ州Belk Theaterにて、Charlotte Symphonyと共演しました。
 IMG_1338
ニューイヤーズ・イブのカウントダウンに向けて、楽しい気分を盛り上げるコンサートでロッシーニ、シュトラウス2世、ブラームスで曲の説明を加えながら、指揮者のThomas Wilkins氏がお客さんの心をがっちりと掴んで下さいました。そしてRayのラプソディー・イン・ブルー。ノリノリで聴いて下さるお客さんに、Ray自身とても演奏が楽しそうでした。演奏後は大歓声でスタンディングオベーション。その後、アンコールを演奏しました。
IMG_1354
IMG_1360 
 コンサートの最後の曲は『蛍の光』。アメリカでも伝統曲『Auld Lang Syne』として歌われます。お客さん全員で歌って、コンサート終了。

その後はロビーでシャンパン、デザートが振る舞われ、
ステージ上はダンスホールとなり、皆でカウントダウン。その間、ひっきりなしにお客さんがRayに声をかけて下さいました。
IMG_1379
楽しいコンサートで年末を締めくくり、美味しく今年が始まりました。
IMG_1377
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_1401
 

どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














2019年12月31日(火)夜9時〜、ノースキャロライナ州シャーロットにあるBlumenthal Performing Arts Center内Belk Theaterにて、Charlotte Symphonyと共演予定です。
Belk-Theater-Seating-Slide-c7b1c83a53
Rayはソリストとしてラプソディー・イン・ブルーを演奏予定です。夜9時からと、少し遅めのコンサート。実はコンサート後はシャンパンとデザートを頂きながら新年に向けてのカウントダウンがあるのです。とてもワクワクするコンサートになりそうです。

もしも、お近くにいらっしゃいましたら、来て頂けますと嬉しいです。

明後日からRayは冬休みで家に帰ってきます。冬休みは1ヶ月ほどあるので、ちょっとはのんびりと出来そうです。

さてさて、楽しみです。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














2019年10月10日(木)夜7時〜、サウスキャロライナ州ヒルトンヘッドでRayのソロリサイタルがありました。
  DSC_8485
ありがたいことにチケットは完売で、ピアノもバイオリンも、どちらの演奏もお客さんはとても喜んでくださったそう。
IMG_3526
ヒルトンヘッドにはカーティスのあるフィラデルフィアからは飛行機で2時間。リサイタルの前日夕方にヒルトンヘッドに着き、当日にピアノ伴奏者とリハーサル、そして本番。翌日ゆっくりすることなくカーティスに戻ってきました。ピアノ伴奏者との事前の打ち合わせはRay自身がやり、ヒルトンヘッドでの移動スケジュールなどは、ホストファミリーが率先してやって下さいました。いつも本当に良くして下さるホストファミリーには感謝の気持ちで一杯です。

親が安心していられる、こんな暖かい環境でリサイタルをやらせて頂けるのは本当にありがたいことで、こうして一歩一歩、独り立ちしていくのだなぁ〜としみじみ。。。

さて、今日からはまた忙しい一週間の始まりです。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














↑このページのトップヘ