Rayのピアノ&バイオリン

2001年生まれのRay Ushikuboのピアノ&バイオリン成長日記です。

カテゴリ: ピアノ

バッファローフィルと共演の為に、ニューヨーク州バッファローへ行ってきました。
IMG_6382
本来、このコンサートは去年の3月にある予定でしたが、ニューヨーク州に行く1週間前に、コロナで延期になりました。そして今回、万全のコロナ対策をしてコンサートが出来ました。✨

今回のコンサートはコロナの影響でコンサートは録画配信になります。

リハーサル含めて5日間の旅行予定でしたが、ニューヨーク州のコロナ対策の為、3日間ニューヨークのホテルで隔離しなければなりませんでした。なので旅行は9日間になってしまいました。💦

飛行機に乗る3日前にコロナテストを受け、ニューヨーク州に入りました。州に滞在先の届け出をすると、衛生局から電話があり、ホテルから出ないようにとのお達し。その後毎日テキストでコロナの症状がないか確認されます。3日間の隔離後、その場ですぐに結果の出るコロナテストを受けて無事陰性。ようやく自由な身となったので、早速ホールのピアノでの練習をしに行きました。


翌日は指揮者のジョアン・ファレッタさんと会いテンポミーティング。そしてリハーサル。
IMG_6304   
2度のリハーサル後に本番です。録音なのですが、途中で止まったりやり直すをすることはないので、演奏する側にとっては普通のコンサートと同じです。🎵
IMG_6426

 
コンサートは2021年4月8日まで、バッファローフィルのウェブサイトからオンデマンドで配信されています。もしお時間ありましたら、観ていただけますと嬉しいです。💖

コンサート後は近くのナイアガラの滝へ観光。マイナス3度の中、行ってきました。とにかく寒かったですが幸いお天気も良く、半分凍ったナイアガラの滝を楽しみました。✨
IMG_6464


2020年3月20日(金)、21日(土)に予定されていたニューヨーク州でのBuffalo Philharmonicのコンサートが中止になりました。

ニューヨーク州では非常事態宣言が出ていたのですが、バッファローはマンハッタンからは遠く、ナイアガラの滝のある小さな街。なので21日に無観客でライブストリームでコンサートを行う予定だったのです。しかし、今日になりバッファローの地元で非常事態宣言が出され、ライブストリームのコンサートも中止となってしまいました。
Screen Shot 2020-03-15 at 11.05.24 AM
とても残念ですが、こればかりは仕方がない。こんな時は練習あるのみ。じっくりと家で練習に励んでもらいましょう。

WHOがパンデミックと表明し、トランプ大統領が国家非常事態宣言を出した途端、近所のスーパーからトイレットペーパー、ペーパータオル、缶詰、パスタ、冷凍食品等々がごっそり姿を消しました。ご近所さんが一斉に買い物をすると、こんなことになってしまうんだ!とびっくりです。

家に居るしかないこの機会に、家の中で出来ることをやってみようと思います。掃除、掃除、掃除。。。 

よし!大掃除をしよう。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

2020年3月9日(月)からカーティス音楽院は春休みでRayは家に帰って来ています。

本来なら3月15日(日)までの1週間の春休みが、今日新型コロナウィルスの為、もう1週間春休み延長となりました。まだ残っていたいくつかの楽器の受験もキャンセルとなってしまったようです。

さて、3月20日(金)と21日(土)でニューヨーク州のバッファローでバッファローフィルとの共演予定です。
e84c0dc4-s
バッファローフィルとは2018年9月に共演しています。

今の所はまだ開催予定ですが、コロナの影響でどうなるかは直前まで分かりません。
24日(火)にテキサス州で演奏予定していたイベントは今日になり中止になりました。

春休みが延長になり、飛行機の変更もしました。コロナの影響で、とある条件下で、アメリカン航空では1回は変更手数料200ドル無しで変更可能です。

トランプ大統領は今日、イギリスを除くヨーロッパからの入国を13日から30日間停止すると発表しました。すごい勢いで情勢が変わっていきます。

どうかどうか、一刻も早く収束しますよ〜に! 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














2019年12月31日(火)、ノースキャロライナ州Belk Theaterにて、Charlotte Symphonyと共演しました。
 IMG_1338
ニューイヤーズ・イブのカウントダウンに向けて、楽しい気分を盛り上げるコンサートでロッシーニ、シュトラウス2世、ブラームスで曲の説明を加えながら、指揮者のThomas Wilkins氏がお客さんの心をがっちりと掴んで下さいました。そしてRayのラプソディー・イン・ブルー。ノリノリで聴いて下さるお客さんに、Ray自身とても演奏が楽しそうでした。演奏後は大歓声でスタンディングオベーション。その後、アンコールを演奏しました。
IMG_1354
IMG_1360 
 コンサートの最後の曲は『蛍の光』。アメリカでも伝統曲『Auld Lang Syne』として歌われます。お客さん全員で歌って、コンサート終了。

その後はロビーでシャンパン、デザートが振る舞われ、
ステージ上はダンスホールとなり、皆でカウントダウン。その間、ひっきりなしにお客さんがRayに声をかけて下さいました。
IMG_1379
楽しいコンサートで年末を締めくくり、美味しく今年が始まりました。
IMG_1377
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_1401
 

どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














2019年12月31日(火)夜9時〜、ノースキャロライナ州シャーロットにあるBlumenthal Performing Arts Center内Belk Theaterにて、Charlotte Symphonyと共演予定です。
Belk-Theater-Seating-Slide-c7b1c83a53
Rayはソリストとしてラプソディー・イン・ブルーを演奏予定です。夜9時からと、少し遅めのコンサート。実はコンサート後はシャンパンとデザートを頂きながら新年に向けてのカウントダウンがあるのです。とてもワクワクするコンサートになりそうです。

もしも、お近くにいらっしゃいましたら、来て頂けますと嬉しいです。

明後日からRayは冬休みで家に帰ってきます。冬休みは1ヶ月ほどあるので、ちょっとはのんびりと出来そうです。

さてさて、楽しみです。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














↑このページのトップヘ