Rayのピアノ&バイオリン

2001年生まれのRay Ushikuboのピアノ&バイオリン成長日記です。

カテゴリ: カーティス音楽院

多くの方々がそうだと思いますが、我が家も毎日家にいる生活です。

と言っても普段から家にいることが多いので、特に変化があったわけではないのですが。でも気晴らしに外に出かけられない事やお友達にも会えない事で、少しづつストレスが溜まり始めているような(←私が)。。。 なるべくそんなことは考えず、毎日をいつも通り淡々と過ごしています。

RayはZoomでバイオリンのクラス。他の生徒たちの演奏を聴いたり意見を言ったり。クラスには毎回チャッピーも参加。今ではクラスのアイドルに。
IMG_2829
地元で外出の際は、口や鼻を何かしらで覆うように!とのお達しがあったと書いたのは前回の4月2日の事。その後あっという間にマスク(バンダナ等OK)の義務化となりました。マスクよりバンダナの方が好きなRayの為にモーターヘッドの絵を描いたバンダナ風マスクを作ってみました。
 IMG_2777
IMG_2781
しかし、バンダナ風マスクは歩いているとずり落ちると言う事で、あえなく却下。そこで色々なマスクを作ってみました。
IMG_2792
最近作ったのはジャバラタイプ。耳のゴムは伸縮性のある生地で太めに作った方が耳が痛くないので見た目はさて置き気に入っています。
IMG_2831

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
 

新型コロナの影響で今学期のレッスンやクラスは全てオンラインです。

レッスンはフェイスタイムを使っています。バイオリンのレッスン中 ↓
 IMG_2693
ピアノのレッスン中 ↓
IMG_2756
ピアノのマクドナルド先生はニューヨーク住まいなので、この1週間ご自身のアパートから全く出ていないとの事。アパートのロビーに行くことも許されないそうです。でもレッスンではお元気そうで安心です。

もう一人の
ピアノの先生は、91歳のゲリーグラフマン先生。フェイスタイムは使いません。お電話で『ユジャ(ユジャワンさん)が以前バルトークの録画を送ってきて電話でレッスンしたように、演奏の録画を送ってくれれば電話でレッスンをするよ。』との事。今日ビデオ映像を送りました。さて、いつお電話がかかってくるでしょうか。

このオンラインレッスンのお陰で、私達親もレッスンを聴くことが出来ます。これは嬉しい。大学生のレッスンを聴く事が出来るのは、これが最初で最後じゃないかしら。いつまでたってもこ〜ゆ〜のは楽しいです。

カリフォルニア州に外出禁止令が出て以来、必要なお買い物以外で出かけるのは毎日の散歩のみ。ついに地元でも外出の際は、口や鼻を何かしらで覆うように!とのお達しが。これで堂々とマスクが出来ます。散歩途中にご近所さんのロバ、牛、馬。和みます。
IMG_2769
IMG_2767
家にもお花を植えて、少し春らしくなりました。
IMG_2772
IMG_2771

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
 

2020年3月9日(月)からカーティス音楽院は春休みでRayは家に帰って来ています。

本来なら3月15日(日)までの1週間の春休みが、今日新型コロナウィルスの為、もう1週間春休み延長となりました。まだ残っていたいくつかの楽器の受験もキャンセルとなってしまったようです。

さて、3月20日(金)と21日(土)でニューヨーク州のバッファローでバッファローフィルとの共演予定です。
e84c0dc4-s
バッファローフィルとは2018年9月に共演しています。

今の所はまだ開催予定ですが、コロナの影響でどうなるかは直前まで分かりません。
24日(火)にテキサス州で演奏予定していたイベントは今日になり中止になりました。

春休みが延長になり、飛行機の変更もしました。コロナの影響で、とある条件下で、アメリカン航空では1回は変更手数料200ドル無しで変更可能です。

トランプ大統領は今日、イギリスを除くヨーロッパからの入国を13日から30日間停止すると発表しました。すごい勢いで情勢が変わっていきます。

どうかどうか、一刻も早く収束しますよ〜に! 

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














久しぶりにRayのピアノとバイオリン演奏の映像です。

カーティス音楽院が、Rayが以前学校のリサイタルで演奏したショパンソナタ3番をYouTubeにアップして下さいました。
 
で、こちらはRayがピアノ科のお友達と一緒に演奏したフランクソナタ。お友達がYouTubeにアップしていました。
 
どうか温かい目で見て頂けますと嬉しいです。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














2019年10月28日(月)にヴィターリシャコンヌでバイオリンをオルガン伴奏と共に、10月30日(水)にシューベルトさすらい人幻想曲D.760 Op.15をカーティス音楽院Field Hallで演奏しました。
20191028_182026
Rayと一緒に写っているのが、オルガン専攻の生徒さんです。ヤッシャ・ハイフェッツ氏がオルガンと一緒に演奏していたのを聴いて以来、ヴィターリシャコンヌを演奏する時は、絶対にオルガン伴奏者と一緒に演奏したいと思っていたRay。念願叶いました。パイプオルガンがホールの左右から鳴り響き、ドラマティックなシャコンヌを気持ちよく演奏したようです。

そして2日後、シューベルトさすらい人幻想曲D.760 Op.15を演奏しました。
20191030_221208
この曲は先日のヒルトンヘッドリサイタルでも演奏しました。

11月30日にロサンゼルスでプライベートなイベントがあり、そこでも演奏する予定なので聴けるのが楽しみです。 

カーティスでのRayの演奏をゲリー・グラフマン先生も観に来てくださいました。 
20191030_221921
もちろん、この全ての情報、写真提供はお友達からです。本当にありがと〜〜〜!

さて、11月18日(月)6pm〜カーティス音楽院Field Hallにて、フランクバイオリンソナタをピアノ科の生徒さんと共に演奏予定です。そして11月20日7:30pm〜、ReadingにあるAlbright CollegeのWachovia Theatreにて、同じくフランクバイオリンソナタを演奏予定です。

その後はサンクスギビング(感謝祭)休暇で1週間家に帰ってきます。あともう少し!頑張れ〜!

ピアノカバーを作ってみました。↓



どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ














↑このページのトップヘ