Rayのピアノ&バイオリン

2001年生まれのRay Ushikuboのピアノ&バイオリン成長日記です。

2018年06月

Rayは今年もアスペン音楽祭へ旅立ちました。今年で3年目です。1年目2年目
DSC_2343
2018年6月18日(月)の午前中に家を出て、途中で一泊して、翌日の午後3時頃にアスペンに着きました。 今年は初めから最後まで1400キロの道のりをRayが全て運転してくれました。今は仮免なのですが、親が隣に座っていたら運転出来るのです。楽になったもんです。
aaa
アスペンに着いたら、まずは寮のレジストレーション。右手の建物👇が寮です。ヘヴィメタルRay。 
IMG_6042
アスペン音楽祭では毎年、自転車を生徒にくじ引きで貸し出しています。今年はハズレてしまったので、近所の量販店に自転車を買いに行きました。ヘヴィメタルRay。👇
IMG_6072
 そして翌日20日(水)は午前9時半から音楽祭のレジストレーション。色々な方々とご挨拶をしながら、必要書類を頂き、奨学金を出してくださった方にサンキューレターを書いて、最後にIDを作って終了。Rayはもう、その日のその後の練習予定を考えているようだったので、私たち親は帰路につきました。 

ここは寮のすぐ裏。👇去年この場所で自転車に乗っていたRayは熊に遭遇。急ブレーキの音に驚いて逃げてくれた熊に感謝。熊が怒っていたら・・・と考えただけでも、ぞっとします。
IMG_6050
2ヶ月間、元気に怪我なく過ごせますよ〜に!

 
どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ











2018年6月13日(水)はRayの高校の卒業式でした。
IMG_5991
ピアノとバイオリンの練習に加えて、高校の勉強はかなり大変でした。でも嬉しい事に、最優秀の成績を収めた生徒に与えられるValedictorianというアワードを頂けました。コンサート活動でかなりお休みもありましたが、常に先生方がRayをサポートして下さいました。

本来、Valedictorianを与えられた生徒は、卒業生を代表して卒業スピーチをするのですが、今回Rayは代わりに演奏をしました。過去に何度か高校の卒業式でピアノ演奏をしたのを思い出しました。

まずはアメリカ国歌をバイオリンで演奏。これは、かなりウケが良いです。最後は大歓声です。
DSC_2154
その後、校長先生に紹介して頂き、ピアノでショパン木枯らしを演奏しました。
DSC_2163
そしてガウン&ハットを身につけ、生徒一人づつ卒業証書を受け取りました。帽子のタッセルを右から左に移動させ、卒業式は終了です。
DSC_2184
ついに卒業してしまった。。。と少しだけセンチメンタル。 これからも、どんどん真っ直ぐに育って欲しいです。


どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ











2009年10月6日から通っていたコルバーン音楽学校を、Rayはついに卒業しました。
IMG_3782
初めてコルバーンに足を踏み入れたのは2009年9月のこと。二人目のピアノの先生から、次の先生を探していた時、知り合いの方から、たまたま教えて頂いたのがコルバーンでした。ロサンゼルスのダウンタウンに位置し、すぐ隣にはディズニーコンサートホールがあります。事前に申込書をeメールで出し、初めて呼び出された日には、今のピアノの先生、Rayのピアノの先生を決めて下さったピアノ部門責任者の先生、そして事務局の方がホールで待っていて、気がつけばオーディションのような形式でした。Rayの演奏を聴いて、その場で事務局の方が奨学金を出してくださると言ってくださり、今の先生も教えてくださると言って下さいました。そして、コルバーンに通うことになりました。
ピアノのOry Shihor先生です。⬇️
 ORY_FB_ProfilePic_2
Ory先生に変わった直後に、ピアニストのランラン氏からコンサートに誘われ、演奏した時の写真です。Rayはまだこんなに小さかった。Rayはランラン氏の前にいます。
imge22237cczik7zj
そして2010年6月の事。コルバーンにはとても良いバイオリンの先生がいらっしゃると、耳に入るようになっていました。そこでバイオリン部門責任者の先生に連絡を取り、今のバイオリンの先生に面接の予約を取り付けていただきました。面接の結果、気に入ってくださり、その直後にあった、その先生も参加されていたバイオリンキャンプに行き、生徒になる事が出来ました。 
バイオリンのRobert Lipsett先生です。⬇️
Bob-Lipsett-3640_2600o
その頃のRayはこんな感じ。まだまだ可愛い。
img6954739ezikfzj
2010年9月から新しく始まったコルバーンアカデミーに入りました。初めての年は10人の生徒でスタート。個人レッスン以外に、セオリー、室内楽等、色々なクラスを受けることは出来て、音楽の幅が広がったような気がします。今では40人ほどに増えたアカデミー。初めの頃は、Ray一人お子ちゃまでしたが、徐々に年齢も追いつき、同年代のお友達が沢山出来て、6年間とても実のある環境でした。
 34687888782_4aae0f5814_z
2012年の頃から、コルバーンでキャリアデべロップメントという部署が立ち上げられ、Rayはコルバーンアーティストとして、全てのコンサート活動のマネージメントをコルバーンがやって下さいました。コンサート主催者との連絡を全てやって頂き、時にはコンサートで気をつけることを指導して下さったりと、とても心強く丁寧にサポートして下さいました。

9年間お世話になったコルバーン音楽学校。数え切れないほど沢山の方々にお世話になりました。いつもRayの成長を一番に考えて下さったコルバーンの先生方、関係者には感謝の気持ちで一杯です。カーティス音楽院に行き、今後のさらなる成長がコルバーンへの恩返しになると信じ、これからも邁進していきたいと思います。 
IMG_5543
 
どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ










↑このページのトップヘ