先日、Rayが面白いことを言っていたので、書き留めておきます。

それは本番の演奏前の身体の状態を作って、それで練習を始めるという事。実際は、筋トレをした後、ぜ〜ぜ〜言いながら、ピアノの練習をしようとしていたので、私が『なぜ、ピアノの練習の前にそんなに疲れる事やっちゃうの?そんな状態で練習できるの?』と聞いたら。。。

Ray『これは、凄く良い事なんだよ。なぜなら〜云々。』

どうやら、ピアノやバイオリンを練習する前に、筋トレや腕立て伏せをやって、ぜ〜は〜ぜ〜は〜と、ちょっと手が震えて心拍数が上がる状態を作り、その後すぐに練習を始めると、本番で緊張して心拍数が上がり、手が震えるような状態にすごく似ているそうです。ここで、手が震えていても演奏出来る状態にできるようになると、本番でも役に立つ!と実際、本番で強くなるクラスの先生が言っていたそうです。

実際、Ray自身は本番で緊張しないタイプなのですが、もしかしたら、たまのこう言った練習が そうさせている事にも繋がっているのかなぁ〜!?なんて思ったりもしました。

今日はサンクスギビングデー(感謝祭)です。今は何かと忙しいので、ターキーでなくチキンを食べてちょっとゆっくりして、残りはしっかりと練習したいと思います。 
 IMG_3836



どちらかにポチして頂けますと嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ